スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  c.0  t.0

オデッセイ(映画)

オデッセイ観に行ってきました!

屍者の帝国とエベレスト3Dも観たけどレヴュー書くの忘れてたんです…
ついでにさらっと書いちゃおっと…
 

■オデッセイ(3D吹き替え)

ちょっと冒頭から痛すぎて辛かったです・・・自分痛いわけじゃないけど、痛かったですw
もうね、この時点ですごい演技力に圧巻でした。
あとはもうただただ人間の逞しさや科学技術のすばらしさを伝えてくれる、オデッセイの名にふさわしい作品でした!
ただテンポはちょっとよくないね…火星と地球のやり取り、時間、距離を表現するのはとても難しかったんでしょうが。
それでも割と王道展開なんだろうなとおもわせつつ息を飲ませてくれるのは、やっぱすごいの一言。
主人公がここで死ねるか、って、あるもので色々知恵を絞って生き抜いていく姿に心打たれました。
そんで特に宇宙船格好いい!! エアロックという単語だけで興奮できる宇宙!!
朝も昼もない世界でクルーってどんな心境で過ごすのかしら…それもちょっと知りたかったな。
ひとの思惑は数あれど、みんなが誰もが彼を助けたいって、帰ってきてほしいって、その思いは一つなんだと感じさせられました。
たった一人の為にこんなに頑張れるのも人間だねぇ。
宇宙飛行士って何でもかんでもできないといけないし、できちゃうところもほんとに格好いいよ!

3Dどうなのかなぁーと思ってたんですが、すごくよかったです!
飛び出せーじゃなくて、奥行やら質感やらを丁寧に伝えてくれました。
ただ吹き替えは主人公だいぶんイメージちがうっていうか・・・w
それさえなければとっても良かったかな...(((;´ω`)
(自分は映像を見たいので吹き替えが好きです。字幕読んでると景色見れないの!)


オマケ
□エベレスト3D
3Dの割には結構薄っぺらーい紙を並べたかんじだったのでうーんw
実際に起こった話をベースに作られているだけに、神様は残酷。
物語だと助かりそうな人がなくなっちゃったりね・・・
そこまでして山に登る人たちの気持ちはわかりませんが、登らないとえられないものがあるのでしょうね。
そして忘れられない感動やら何かが…
きっと一生行くことがないであろうエベレストに連れて行ってくれる不思議な体験の作品でした。

□屍者の帝国
推し推しされて、英国とかアフガニスタンとか舞台で気になったのでみにいったわけですが、ホラー映画じゃん!?
ゾンビ祭りでだいぶ怖かったんですけどw
ウガーアガーグアアアアアって感じでした。
結局何がどうだったのかあやふやでわからん…原作は難しすぎてよみにくすぎて眠くなる、そんな作品・・・。
でも映像綺麗だったし、手記の仕組みがとっても面白かった!
原作とはもう全くの別物だけど、どっちもどっちで納得いかないんだけど、映像としては綺麗で面白かったです。
多々作品の背景を知っていればまた深見は増すのでしょうね。
ということで屍者は円盤出てるから気になる人は見てね!(友人が病気並みに気に入ってます)
しゅみ  c.0  t.0

スポンサーサイト

-  c.0  t.0

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック